【シティーハンター最終回】史上最強の敵とリョウの激突!TVアニメあらすじと感想

こんにちは、めぐるです。

シティーハンターアニメ何観ようかな~と迷ってるあなたへ、
熱を持っておすすめしたい!アニメエピソードの、
見所と感想を紹介しています。

原作ありエピソードもアニメ視点でご紹介しています。

軽くネタバレしていますので、
まっさらな気持ちでアニメを観たい人は、
あらすじだけにとどめてくださいね。

久々にシティーハンターを楽しみたい人は、
あ、こんな話だったな~と、思い出しながら、、

どツボにハマってしまってる人は、
ときめきを熱く分かち合いましょう!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

今回はテレビアニメCHシリーズの最終話
リョウのいつも以上のマジモード。

「史上最強の敵!! 獠と香のラストマッチ(前後編)」
<CH/アニメオリジナル 第50・51話>

このエピソードはアニメオリジナルストーリーです。

【どんなエピソード?】史上最強の敵に挑むリョウ

犯罪組織・ロードスマフィアの麻薬取引が絡む仮面パーティーに、
冴子と麗華の依頼で乗り込むリョウと香。

しかし、マフィアの殺し屋に冴子と麗華、香が捕らえられてしまう。

リョウも窮地の中、間一髪海坊主に救われるが、
香がそのまま連れ去られてしまう。

果たしてリョウは香を無事に救い出せるのか・・・

アクション:★★★★★
ドラマ性 :★★★★☆
コメディ :★★☆☆☆(前半はコメディちっく)
恋 愛  :★★★☆☆

注意
※ここからは、ストーリーに沿って軽いネタバレを含みます
※感想は、だいぶめぐるの色眼鏡フィルターがかかています(笑)

軽くネタバレしながら感想

【ロードスマフィアの3兄弟(妹)】

亡き槇村が追っていた犯罪組織の殺し屋。
サボウ(弟)、デナイ(妹)、ゲルマ(兄)

日本進出を果たすには、
リョウと海坊主の存在が邪魔になるため、
海坊主を罠にはめ襲撃。

そして、香を人質にとりリョウを誘い出す。

香を人質に取られ、いつない本気モードのリョウ。
シリーズ最終話にしてようやく、リョウと香が、
パートナー以上の関係に進みそうな一歩を見せてくれるエピソード。

なんだけど!その前に!!

何と言っても海ちゃん。

彼の強靭な肉体の頑丈さに圧倒され、
その不死身さ加減を思い知るのです(笑)

敵の罠にはまり、とあるビルで襲撃を受けた海ちゃん。
終いには大爆発で海ちゃんがいた部屋は、
跡形もなく崩れ落ちるほどの激しい襲撃。

そして、

崩れ落ちた大きなガレキの下から、
ムックリと起き上がる海ちゃん。

さすがに、不死身か!?(ノ゚⊿゚)ノ

そしてちょっと気になるのは、
その場にいた警察官の1人が、
『YAWARA』の花園くんになんとなく似てる?

そのあとなんか驚異の回復力でリョウの窮地を救ったり、
終盤は船上までリョウの加勢にきたりと、
医者もビックリな超短時間で完全復活を遂げた海ちゃん。

海ちゃんの強さや男気といった魅力満載でもあるのです。

とはいえ、もちろんリョウと香がメインだけど(笑)

超本気モードのリョウの戦い

今日のオレは、少々気が立っているんでな、
急所をはずすなんて芸当、出来ないぜ。

残念ながら、貴様たちはたった1つミスを犯した・・・
それは、このオレを本気にさせてしまったということだ。

このリョウの言葉に、何言ってやがる的な感じで、
ガハハと大笑いするロードスマフィアのサボウ。

一方、別の意味でフフフとほくそ笑む、
脳がメルメンモードのめぐる(笑)

でも、ここはいたってシリアスな場面。

そこから一気にスピード感ある銃撃戦開始。
そして三兄妹弟との最終決戦へとつながる。

サボウ戦は容赦なしのリョウ。
ピンチの切り抜け方が水も滴るいい男。

デナイ戦。やっぱり女性相手なのか、
本気の攻撃はしないリョウ。
しかしつり輪の選手になれそうだったリョウ。

ゲルマ戦は正統派の一騎打ち。

ゲルマの銃を抜くスピードがリョウよりも上!?

でも、その上をいくリョウの神業。
あんなふうに弾を打ち込めるなんて、
リョウの動体視力ってどうなってるんだろう。

サブオ以外の二人は、CHと戦えてよかったよ、フフ。
みたいな感じで満足そうに死んでいってしまう。

ただ、3兄弟を倒しても、
大ボスが仕掛けた爆弾がもうすぐ爆発してしまう船。

厚いガラス越しにいるリョウと香。
リョウは香にエレベーターを使って逃げろという。
(原作の海原編のような感じ)

一方リョウ側には脱出する出入り口がない。絶体絶命。

リョウをおいて逃げようとしない香にリョウが放つセリフ。
こんな状況でもちょっと本音を隠しつつ、
亡き槇村との約束を口にするリョウ。

ちょっと死に際のセリフみたいなんだけど・・・

槇村とリョウに守られてる香。
それを告げられたら、どんなに後ろ髪を引かれる思いでも、
香は自分が助からないわけにはいかない、と感じ取ったのかな。

香が逃げるのを見届けて、
リョウは安堵と同時に最期を覚悟するけど・・・

終わりに・・・

通常はちんまりした敵が多いなか(笑)
最終回らしく敵も手強くアクションもダイナミック。

だからこそのリョウの神業連発。

加えて、リョウと香のお互いの思いやり(愛情と言いたい)が、
全体を通してもりもりに盛り込まれてるので、
とても満足なエピソードです。

リョウがまた違った意味で、
本気モードになるエピソードはこちらも。

いつもは隠してしまうリョウの本心がちらりとのぞけます!

「狙われた香!! 愛の言葉はさようなら(前後編)」<CH2 第3・4話>
「香チャン狙撃さる!?」<原作 第117~121話>

<シティーハンターコンテンツ一覧>

応援いただけると励みになります♪
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


記事を読んでいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする