田端まさかの大失態!?『ブスに花束を。』11話12話ネタバレと感想

こんにちは、めぐるです。

次の巻が待ち遠しすぎる!
コメディだけど癒し系(?)おすすめ少女マンガ。

『ブスに花束を。』(角川書店)/作楽ロク

2巻に収録されているおすすめエピソードとして、

第11話『カースト下位の球技祭』
第12話『カースト下位の球技祭2』

のネタバレ感想をお送りします。

田端、球技祭で大失態!?
上野くんを怒らせてしまった・・・?

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第11・12話『カースト下位の球技祭』あらすじ

学校行事一大イベント球技祭が開幕しました。
田端の出場競技は卓球。

まさかのマイラケット持参で勝ち星をあげていく田端!

一緒に卓球に出場している新橋くんが、
天性のカットマンと唸るほど(笑)

どうやら中学校は部活動必須で卓球部だった模様。

そんな田端に新橋くんは「薄暗い中学時代を送っていた」と
勝手に思い込み一気に親近感を持ちはじめます。

そして、相変わらず鶯谷さんを狙う新橋くん。

ところが上野くんと鶯谷さんのいい雰囲気のところを見てしまい、
なんとかしなければ!と焦ります。

そこでなんと田端と上野くんをくっつける作戦に乗り出し、
田端に切り出します。

上野っちと付き合う気・・・ない?と。

その新橋くんの言葉に過剰反応してしまった田端。

思わず「上野くんだけは絶対無理」と大否定したところを、
上野くん本人に聞かれてしまいまい・・・。

ついに動いたキューピッド(笑)新橋くん

田端と上野くんに波風たててくれる新橋くんナイス!

ま、ほぼ自分のためなんだけど(笑)
でも良し!

恋に鈍感な上野くんに鶯谷さんの恋心をさとらせないよう、
あれこれ涙ぐましい努力は地味に微笑ましくあり。

でも、なにかとネガる田端を気遣ったりする新橋くんはいい奴です。

上野くんに避けられる田端。最後の手段は?

お互い気まずい中、
サッカーに出場する上野くんを応援する田端。

苦戦する上野くんを見て、
田端は思わず声を張り上げての「頑張れ!」

たくさんの声援の中から田端の声に反応!

気になる子の声はやっぱ一味(?)違うのかなあ。

それにいち早く気付いた鶯谷さんが、
わなわな震えてます(笑)

球技祭終了後。
口で伝えられないなら、、と
手紙という名の謝罪文(笑)を書く田端。

気持ちは素直に現れてる気がするけど、
文章に女子高生っぽさが微塵もない大人な文章(笑)
さすが田端。

でも乙女な感じがみえて可愛いな〜〜と思うのです。。

そして下駄箱に入れておくはずだったのに、
タイミング悪く(?)上野くん本人に手渡しすることに!

ちょっと気恥ずかしい謝罪文を、
目の前で読まれる苦行(笑)

よく耐えたよ田端!
でも上野くんは嫌われたわけじゃないと知って、
そりゃあ嬉しそうでしたよ。

あの笑顔で癒されます。

pixivコミックで試し読みもできます!

>>>『ブスに花束を。』読んでみる

応援いただけると励みになります♪
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


記事を読んでいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする