自虐系女子×無自覚男子のラブコメ『ブスに花束を。』2巻ネタバレと感想

こんにちは、めぐるです。

次の巻が待ち遠しすぎる!
コメディだけど癒し系(?)おすすめ少女マンガ。

『ブスに花束を。』(角川書店)/作楽ロク

今回は第2巻!喪女と美少女がまさかのに三角関係に・・・
第2巻のあらすじと見どころちょっとした感想をまとめてます!

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

『ブスに花束を。』2巻 あらすじ

美少女・鶯谷さんに上野くんとの仲をかん違いされている田端。
鶯谷さんのブラックな動機により一緒にショッピングに行くことに。

田端の知らないところで、美少女との三角関係が勃発!

【Check】見どころポイント!

1, 上野くんの荷物に紛れ込んだ田端の私物の行方は・・・

「変じゃないよ!」

田端の手を取って、上野くんが力説!?

2, 田端、上野くんちにお宅訪問

いつのまにか仲良くなってる、田端母と上野くん。
母のおつかいで上野くん家に行くことになった田端が出会ったのは・・・

3, 上野くんのもやもや

もっとちゃんとわかれたらいいなあ

女子の気難しさを知った上野くんは、
今までの行動が田端を困らせてなかったか悩み一日上の空。

4, 球技大会での誤解とすれ違い

新橋くんから「上野っちと付き合う気ない?」と言われ、
思い切り否定したところを上野くんに聞かれてしまった田端。

田端に待っていた苦行とは!?

サブキャラの活躍

鶯谷さん(上野くんを好き)

女子力で田端を圧倒したうえで、上野くんを諦めさせようと、
闘志を燃やして田端をショッピングに誘う。
でも謎センスの田端に、マジなアドバイスをするお人好しな一面も。

帰りは田端を「ちょっとイイ奴なのがムカつく」と認識

五反田くん(上野くんの親友)

何かを聞きたくてもじもじしてる田端に気づいたのか、
自ら話しかけてくれる。
上野くんの居場所を教えてくれる。

圭介くん(上野くんの弟)

上野くんとは真逆で気が強く鋭い性格(笑)
家の前でウロウロしていた田端を不審者と間違え(笑)通報。
その後、田端の弱み(?)を握るも何かと田端を助けてくれる

新橋くん(上野くんの友達)

恋愛マスターとして、上野くんに女子の気難しさを伝授。
そのことで、上野くんが一日中田端のことを考えるように・・・

意識きっかけづくり第2弾。
上野くん限定で本物の恋愛マスターかも(笑)

2巻のおすすめエピソード

第10話『女子ってわかんない』

朝が苦手な上野くん。
起きて一番に田端をのことが頭に浮かぶなんて・・・///

学校での友人たちとの会話。
恋愛系こと女子に関してはさっぱりな上野くん。

そこで!

・恋愛マスター新橋の心得

1, 気安く触るのはNG
2, 二人きりはご法度!TPO考える
3, 家に連れ込む

ここで上野くんは田端に対しての数々の行動を、
改めて思い起こすことになる。

1, 気安く触るのはNG
→可愛いものが似合わないと言う田端に、
「変じゃないよ!」と田端の手を取った(第8話)

2, 二人きりはご法度!TPO考える
→美化委員の仕事帰りに気軽にコンビニに誘った(第2話)

3, 家に連れ込む
→届け物をしてくれた田端にお茶をだそうと、
気軽に自宅にあげた(第9話)

そこで上野くんはいつも田端が困った顔をしていたことに思い当たる。

そして自分が無神経な行動をして田端を困らせてなかったか、
もんもんと悩み始め・・・

田端本人に確認しようとするも(確認するのか)
新橋くんの言いつけを守ろうとして、
変に田端を意識し始め、気安く声がかけられなくなる。

田端と二人で話をしようとするにも、
TPOを考えるように(笑)

とっても律儀すぎる!素直すぎるよっ!

そんな悶々とする中、
文化祭の準備で他のメンバーと買い出しに行くことになった上野くん。

ただ、田端をひとりのこして行けないと田端の手伝いを申し出るが、
全力で拒否され何気に大ショックを受ける(笑)

もちろん上野くんは、ネガティブ思考ゆえ田端が拒否したと知るわけがない。

そんな、上野くんの様子に気づいた鶯谷さんは、
田端に対して変な意識を持たせないよう、
友達だから気にすることはないと助言する。

友達を強調!

そのおかげか(?)上野くんは明るさを取りもどし、
また話をしてみようと田端のもとへ行ってしまう(笑)

学校に戻ってきた上野くんは田端を探し、
いままでのことを全力で謝る(笑)

でも田端は、、

「上野くんにされて嫌だったことなんて1つもないです」

素直~~~、こういうことちゃんと口にできる田端可愛い!

ほっとする上野くんもまた・・・(○´- `○)

上野くんはあらためて、女子ってわかんない・・・と感じる。

同時に、もっとちゃんとわかれたらいいなあ、とも。

それって、女子全般のことじゃなくて、
田端限定?ですよね!?

今までは女子に怒られても、
深くは考えてこなかったようだけど(なにげにひどい・笑)
田端に関してはちゃんと考えようとしてるところがとてもイイ感じ!

全体の感想

自虐思考が入る田端にいつも力強い言葉をくれる上野くん。
しかも上野くんは恋に無自覚なゆえ行動も素直。

思わず田端の手・・・手首をぎゅっと握ってしまうとか、
無自覚パワー炸裂か!?と思いきや、
ちょっと意識してしまう様子も!

おおおぉ(悶絶)

恋かどうかは別として、田端を特別意識してるのは確か!
と、思わせてくれるシーンが最高。

pixivコミックで試し読みもできます!

>>>『ブスに花束を。』読んでみる

応援いただけると励みになります♪
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


記事を読んでいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする