根性無しからヒーローへ【ハイキュー 】16巻あらすじとネタバレ感想

こんにちは、めぐるです♪

16巻のヒーロー山口くん!
反撃の狼煙の1本!!

『ハイキュー!!』16巻/古館春一
(第136話~第144話/番外編)

あらすじ・みどころ感想をお伝えしていきます!

※内容に触れてますので、少しでもネタバレがイヤな方はご注意ください!

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』16巻 感想

山口くんナイッサーーーーーー!!!

大事な場面のピンチサーバーは応援してる方もなんとな~く緊張します。

とくにそれまでの試合でミスが続いてたりすると、
本人ほどではなくてもほんっとドッキドキ。

もうハイキューは感情入りまくりだから、
山口!いけー攻めろー!!って感じだけど、、

実際、TVで試合を応援してる時は、
めぐるの場合は攻めろー!とか思わないで、
ついつい『お願いミスしないで~』って祈るように思ってしまう(笑)

攻めて決めれば一番いいんですけどね・・・。

でも選手のなかでは色々な葛藤があるんですねーーー。

で!!

山口くん最高にカッコいいサーブです。
もう今までと顔つきが全然違う。

ピンチの場面のサービスエースって、
今まで漂ってた嫌な空気を一掃してしまいますよね。
上がるしかないじゃなか!って気になる。

努力して心身ともに強くなっていくのを見ていたので、
もう嶋田さん並みに嬉しくなってしまう。
この1本のために・・・ですね!

役目を終えてさがる時の、日向とのやりとりもいいですね!

山口くん「次は10点獲るから」
「負けねー!!!」と日向。

自分の弱さを打ち破って成長を遂げた山口くん。

まさしく武田先生の言う通り、、

山口君はこの試合のヒーローですね

だがしかし!

ここで大人しく負けてくれる青葉城西じゃなかったですな・・・
ついにファイナルセットまできてしまった。

そして、青葉城西には青葉城西のドラマがあった。

田中くんに煽られ(笑)冷静さを欠いた狂犬ちゃん。ヤケ気味。
で、喝入れられるわけですよ、同じ2年の矢巾くんに。

「先輩の晴れ舞台に泥塗ったら絶対に許さねえからな」

目が覚めたような顔してます狂犬ちゃん。
「お前もっとチャラい奴だと思ってた・・・」

それで間違ってねえよ

チャラくたって先輩は尊敬すんだよ

このセリフ好きだな〜。
なんか色んな思いがこもってる感じ。

狂犬ちゃん、今まで個人主義っぽかったけど、
チームをちょっと意識するようになってきた・・・。

こういう荒くれ者(笑)が覚醒すると烏野にとっては脅威だ。
さらに及川さんが最高のセットアップで狂犬ちゃんを引き上げる。

及川さんってほんとすごい。

影山がビビる(笑)だけのことはある。
でも、そんな影山を及川さんは常に脅威に感じてるんだから不思議。

こっからの戦いは”殴り合い”
やられたらやり返す、どっちも魂のこもったプレーの応酬。

う〜〜〜〜、めぐるはこういうとき大声出した応援じゃなくて、
祈るように静かーな応援になるんだよな・・・笑

なんか、あまりの気迫に息するのも忘れる感じ。

そんな均衡を破った及川さんの背筋が凍りつきそうな強烈サーブ!

そしてついにきてしまった。
青葉城西のマッチポイント。

次巻、いざ最後の勝負!です。

他のハイキュー関連の記事を読んでみる
>>『ハイキュー!!』まとめ一覧

応援いただけると励みになります♪
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


記事を読んでいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする