稲荷崎と激突!そして小さな巨人が【ハイキュー 】28巻あらすじとネタバレ感想

こんにちは、めぐるです♪

春高2日目にして優勝候補の稲荷崎と激突!
と、その前に・・・春高で出会った小さな巨人とは。

『ハイキュー!!』28巻/古館春一
(第243話~第251話)

あらすじと感想をお伝えしてます!

※ネタバレしてますのでくれぐれもご注意ください!

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』28巻 あらすじ

初戦で勝利を収めた烏野。
また、音駒高校、梟谷学園も2回戦進出を決めた。

梟谷の試合を見終えた日向は、ユース候補の星海に出会う。

自分と似たような体格と運動能力、
そして確かな技術を持ち試合で活躍する星海を見た日向はーーー。

そして大会2日目。

シード校も参戦し、いよいよ烏野vs稲荷崎の試合が始まった。

『ハイキュー!!』28巻 みどころシーン&感想

しょげモード木兎さん梟谷学園の第1回戦

そこそこ調子の良かったはずの木兎さん、開始早々謎のしょげモード。
どうやら会場が小さく、観客が少ないのが不満らしい・・・

赤葦くんたちチームメイトはほんの一瞬だけ慌て気味になるも木兎さん放置(笑)

他のセッターでもアタッカーの調子とか常に気にしているんだろうけど、
赤葦くんの思考は、常に木兎さんでほぼ占められてるのでは!?

そして木兎さん復活の兆しを目ざとく見つけると、
すかさずたたみかけるように木兎さんをアゲルアゲル(笑)

いやはや、大変なご苦労でござい(笑)

それでも、ちゃんとゲームメイクできて強豪チームなんだから優秀ぎる赤葦くん。

大丈夫かな〜、
木兎さん引退したら赤葦くん”木兎ロス”にならないだろうか・・・心配・笑

春高の小さな巨人との出会い

あの”エースの心得Tシャツ”を売ってる売店で、ユース候補の星海くんと出会った日向。

一瞬目が合っただけかと思いきや、お互いにガン見。
知らない者同士なのに、負けず嫌いを発揮するとかなに?(笑)

同じ匂い(?)を嗅ぎ取ったとか・・・・?

そこへちょうど影山がきたので話が前に進む(笑)

星海くんに興味を持った日向は試合を観戦。
攻撃だけでなく、サーブ、レシーブ、ブロックと大車輪の働きをする星海くん。

スガさんは、自分と似たような体格でエースの働きをする相手を目にして、日向が落ち込んだりしないか心配気味。

でも、日向はそいうことはなくて、そういう相手を間近で見ることができたのが嬉しくてしょうがない感じ。

自分も頑張ればああいう風に活躍できるっていう”証明”のようなもんだからかなあ。

ちなみにちょい暴走気味の星海くんにも、ちゃんとお目付役(?)が存在してまして、、
優しい感じなのになかなかの辛口(笑)

そうじゃないと相棒務まらないのかな。

星海くんに刺激をもらった日向。

いよいよ波乱の稲荷崎戦幕開けです!

他のハイキュー関連の記事を読んでみる
>>『ハイキュー!!』まとめ一覧

応援いただけると励みになります♪
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


記事を読んでいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする